坂口國男の世界

c0115638_14191298.jpg
 チみーちゃんと二人で中札内村文化創造センターに出かけてみたら、坂口國男さんの絵画展がフリースペースで開催されていたので、二人で鑑賞してきました。
 (もともとは道の駅に向かったのですが、日差しが強かったので紫外線が気になり、ブヨも増えてきているので虫さされが気になり(笑)、インドアの図書館に外出先を変更。中札内村は十勝総合振興局内で特に好きな自治体なので、ついつい、足が向いてしまいます。)

  「何故か、若い頃から赤が好きでいまでも赤い絵を無性に描きたくなる。
  赤、黄色、紫、緑…、私は絵の具箱をひっくり返したような絵を描きたい。
  たくさんの色を使って。」

 と、ご本人が仰るとおりの鮮やかな色彩と筆遣いから坂口國男さんのエネルギーを感じるような作品群。偶然立ち寄った絵画展でしたが、心がワクワクする一時を過ごすことができました。
 ちみーちゃんは何か感じたかしらねぇ~。


 北海道新聞イベント情報 「坂口國男の世界」
 http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/eventdata/129212.php



 日本美術倶楽部 「坂口國男 アートギャラリー」
 http://www.nihonbijutsu-club.com/sakaguchi/?page=profile&PHPSESSID=995e49c50289df40d230f347cb24afe8


 イベント告知用リーフレット(PDF) 「坂口國男の世界」
 http://www.kawagoe.com/imozen/pdf/koyuokan10_0820-1011.pdf#search=%27%E5%9D%82%E5%8F%A3%E5%9C%8B%E7%94%B7%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%27
※2010年8月20日(金)〜10月11日(祝)に埼玉県川越市の「アートギャラリー 呼友館」にて開催された同絵画展のPDFファイルがweb上にあったので、拝借いたしました。
 「VIEUX PORT de MARSEILLE 4号 1971」が「海 60号 1979」に、「林と小さな池 20号 1998」が「画室風景 100号 1996」となりましたが、中札内村文化創造センターで用意されたものと同じ構成になっています。
by umezuke | 2011-05-27 14:19 | 日々
<< 空模様を眺めながら 北海道ガーデンを旅する >>