手足口病とジアノッティ症候群

 保育所で流行していた手足口病にしっかり感染してしまったちみーちゃん。
 その記録

(この記事は病気に関することなので、時期をみて非公開にする予定です。
 ただ、ジアノッティ症候群については、別記事にして、常時公開するようにしたいな、
 と、思っています。)








 9月4日(夕方)
 保育所にお迎えに行ったところ、担当の先生から「ちみーちゃん、手足口病になっているかも」と伝えられる。口の中に目立つ湿疹も見当たらず、所属する1歳クラスで流行し始めたから、注意喚起の意味もあった模様。先生からは「食欲が落ちたり、お熱がなければ、登園しても大丈夫ですよ」と言われたので、病院には立ち寄らないで、帰宅。食欲はいつもどおり。


 9月5日~6日
 食欲は普段通り。体(手足)にも湿疹は見当たらない。
 持ち前の体力で乗り切っているのかな、と思っていた。
 今、思い返してみると、口の中を指さして「イタイイタイ」と言っていたことがあったような。
 でも、ご飯はちゃんと食べていました。


 9月7日
 朝食の時、朝ご飯プレートを見て、いつものように「わーっ!おいししょーっ!」と言うものも、食はすすまくて、ずいぶんと時間をかけて食べていた。食が進まないこともたまにあるので、あまり気にせず(出勤前で余裕もないし)家を後にする。もしかすると、口の中が痛くなり始めていたのかもしれない。

 夕方、お迎えに行く準備をしていたら、保育所から「ちみーちゃん、食欲と元気がないようです」と連絡があり、大急ぎで職場を出る。

 お迎えに行ったところ、いつものように「ママーっ」と飛びついてきたちみーちゃん。
 先生から日中の様子を教えてもらい、普段からかっている小児科に大急ぎで向かう。

 受診時に、私もちみーちゃんの口の中を一緒に覗いて見たら、喉の奥の方に赤い湿疹がたくさんできていて、とても痛そうな状態。手足口病と診断され、口内の湿疹の痛みを和らげるオブラートを作る粉末のお薬を処方してもらい帰宅。

 帰宅後、夕食の前にオブラートを作るお薬を患部に吹きかけたところ、その異物感による不快感と痛みとで、大癇癪を起こしてしまったちみーちゃん。
 食事は無理に与えることもないと判断し、早々に片付けた。
 少しして、ちみーちゃんの身体が普段よりもあつくなっていることに気づく。
 怒りによる体温上昇かとも思ったけれど、ちみーちゃんの状態が落ち着いて、眠りに落ちても身体は火照ったまま。皮膚に触れた感じで、39度ないくらいと梅吉さんと推測する。

 9月8日深夜
 突然、ちみーちゃんが目を覚まし、水分を欲しがる。
 夕食の時に水分等々、口にできなかったので、身体が欲した様子。
 口の中は痛いはずなのに、長崎むしパン1個、200mlくらいの水分を一気に摂取して何事もなかったようにストンと眠りにおちた。脱水症状を心配し始めた頃だったので、その様子に驚いたけど、安心する。

 9月8日
 手や足に小さな湿疹が増えていることに気づく。
 口の中はとても痛いようで、朝食も飲み物も取ることはできなかった。
 それでも、熱が下がったことで、機嫌もそれ程悪くはなかったと思う。
 天気も良かったので、掃除や洗濯をした後、気分転換しに、ドライブ。
 エアコンがあるから楽なのか、この夏は自分からクルマに乗りたがることが多かったちみーちゃん。
 中札内村の十勝野フロマージュまでアイスを食べにでかけてきました。

 十勝野フロマージュ
 http://t-fromages.com/

 期間限定のアイス「夏のミルク(だったかな)」がとーっても美味しくて、家族3人でシェアしていたのだけど、みんなが大満足するお味でした。その後、ちみーちゃんはお店の庭をどんどん走り回れるくらい元気いっぱいでした。アイスは冷たく、口溶けも良く、カロリーもあるので、食が細くなった子供に与えるのはいいようですね。(yahoo!知恵袋で見かけた意見)

 結局、アイスをパクパク食べることはできたけど、基本的に食べる飲むが辛い一日。
(身体が欲した時だけ、水分や食物を口にした)

 夜になって、膝下の裏側に赤い湿疹がたくさん出ていることに気づく。
 一般的な手足口病では膝下に湿疹が出るとは考えにくく、友人から水疱瘡の話を聞いたばかりだったのもあり、別の疾病に罹患したのかな、と思い始める。体温は平熱よりもやや高い37度2~3分くらい。

 9月10日
 実は、ちみーちゃんが通う保育所の運動会の開催日。
 赤い湿疹はそのまま出続けており、水疱化はしなかったので水疱瘡の目は消えたけど、(すでに罹ったと思っていた)突発性湿疹にまた罹ったのか???と思ったり。(ウイルスの型次第だものね)
 朝一番で用意した朝食をちみーちゃんが食べなかったので、熱はなかったけど、運動会は欠席させることにした。
(朝から結構な量の雨が降っていて、屋内での運動会開催に変更になったのも欠席判断を後押し)

 運動会参加をやめたことで、家族三人のんびりとした気持ちになり、ちみーちゃん用にカップケーキ作ってあげたら、ムシャムシャと食べたので、ホッと一安心する。この日の午前中は、スヤスヤと寝てばかり居たので、ちみーちゃんの体力回復を優先して良かった。

 9月11日
 ちみーちゃんの様子は幾分改善していたけど、膝下の湿疹が消えていないため、総合病院の小児科を受診。いざというときに頼りにしている先生に看てもらうことができた。(普段は町医者で十分なんだけどね)

 先生の診断は「口内の状態は確かに手足口病だと思うけれど、足の湿疹は「ジアノッティ症候群」の症状ように思える。ジアノッティは複数のウィルスに起因する症状で、特に治療法はない。本人のかゆみが強くないようであれば、そのまま様子を見て大丈夫」というもの。


 ジアノッティ?????
 と、思いましたよ。ワタクシ。
 
 ジアノッティ症候群 (はしもと小児科HPを参考にしました)
 http://www.mynet.ne.jp/hasimoto/diary.cgi?no=112
 幼い時に罹患しちゃうと本人負担が少ないEBウィルスに起因するものなら、免疫ができて良かったね、となりそうですが、今回は手足口病を発症しているからコクサッキーウイルス16型に起因する可能性が高いように思います。

 湿疹だらけの膝下は見た目がかわいそうだけど、(手足口病が直りつつあって)ちみーちゃんの持ち前の食欲が復活してきたようなので、親としてはうれしい限り。
  
 
 
by umezuke | 2012-09-13 22:00 | 病気・予防接種
<< LOCANDA DEL BOS... okamoto farm (岡... >>