十勝川温泉 観月苑

c0115638_2024156.jpg


 9月第1週目に私の両親と妹が十勝に遊びに来たので、一緒に十勝川温泉「観月苑」に宿泊。(ミシュラン北海道に掲載されたという「三余庵」とかは気軽に出せる宿泊費ではないので・・・)
 宿泊先を決めるのにあたり、十勝川温泉にある老舗旅館も候補に入れていたのだけど、職場での評判があまりに悪かった(レベルが下がったのかな?)ので、妊娠中にも訪れたことのある「観月苑」の宿泊を手配したのだった。

 今回、両親達が十勝入りの目的はちみーちゃん2歳のお祝いです。

 実際の誕生日よりも時期が早いけれど、実家の農作業の手がすくのがこの時だけだったので仕様がないんだよね。でも、両親が滞在している期間のお天気がとても良くて、良い時期に遊びに来てもらったと思っています。





c0115638_20281470.jpg

 お誕生日ケーキは「十勝トテッポ工房」のもの。
 このケーキは本当に美味しかった。ちみーちゃんも初ケーキ(スポンジ部分のみ)だったのだけど、たいそうお口にあったようで「っき!っり!(ケーキ!おかわり!)」と追加リクエストがどんどん入って大変でした。2歳になった今では、「ケーキ」の発音は完璧です。笑
c0115638_203991.jpg

 夕食は部屋食を希望。で、ちみーちゃんが食べきらないことを見込んだ上でお子様ランチを用意してもらいました。お子様ランチはボリュームたっぷり(1歳児後半には)でしたが、チャーハン(ピラフ?)とハンバーグの食いつきが良かったので、お子様ランチを依頼したのは正解でした。(温泉の食事って、幼児のお口には合わないものが多くない???飲み用メニューだよね。笑)
c0115638_202721.jpg

c0115638_20272294.jpg

 観月苑では作務衣を貸してくれます。そのデザインが案外シックでしかも身動きが取りやすいので、たいそう良かった。客室に入ってから、ちみーちゃんに「変身しようか?」と声をかけたら果然やる気を見せたので、お子様用作務衣やスリッパ(ひらがなで「かんげつえん」と書いてあるのが素朴で可愛かった)を着用させたら驚くほどよく似合う。
 ちみーちゃんの作務衣姿は私たち夫婦や両親達にも大好評だったのだけど、旅館ですれ違う年配のお客様達からの評判もとっても良くて、ロビーですれ違うたびに「あら~可愛らしいお嬢さんだこと♪」と声をかけられることが多々あり、本人もまんざらではなさ気な様子でした。笑
c0115638_2052464.jpg

 お風呂につかったり、お部屋でゆっくりと美味しいお酒を片手に食事を取ったり、ちみーちゃんのお誕生日プレゼントを披露した後、母以外の全員でラウンジに移動し、ゆったりと座れる椅子に腰掛けながら、シャンパン(ポメリーハーフが旅館価格で3,500円は安いでしょ!!!)やバーボン(ローゼスプラチナ。こちらもグラスにたっぷりでした)を楽しみつつ、ちみーちゃんを散歩させつつ、会話を楽しみつつ、夜は更けたのでした。
 ただし、幼い子供が参加しているので、かなり早い時間帯に夜は更けたのだけどね。


(ちみーちゃんが誕生する前に訪れた観月苑の記事はこちら → その1 その2(その2は写真のみupしてるだけだった・・・))
by umezuke | 2012-09-16 21:30 | 旅行 | Comments(0)
<< 大正新ジャガ伝 LOCANDA DEL BOS... >>