すぴいどかん(スピード感)

c0115638_20211507.jpg
今日は芽室町にあるめむろ新嵐山スカイパークにソリ遊びにきました。
娘、生まれて初めてのスキー場。家を出る前からテンションが高い、高い。恐がりさんなんですけどね。保育所のそり遠足(お弁当なし)で楽しい思いをしたばかりだったのが良かったのかな。
それにしても。
今年の冬は雪がない、雪がない、・・・とは聞いていたけれど、予想以上の少雪で本当に驚きました。





この日は暖気が入ったのか、私達がスキー場に到着した頃の気温はおよそ5度くらい。一瞬であれば、ウエアの上衣が不要???と錯覚するほど。笑
スキー場は、自衛隊員が団体で訓練(?)していたり、スキースクールが開校していたり、一般客が気持ちよさそうに滑っていたり・・・と思いのほか盛況でした。
ソリ滑りができるキッズスペース横のゲレンデを横目にみたところボーダーよりもスキーヤーが多かったかな。皆さん、楽しそうで、私達もなんだかワクワクしました。
c0115638_20214550.jpg
最初こそ、ソリで運んでもらいましたが、2回目からは自分でソリ山を走って(!)登っていた娘。でも、スピード感のあるソリ滑りがとても怖かったよう。何度か私と一緒にスピードを殺しながら滑り降りているうちに、ガンガン滑る醍醐味を理解してきたようです。
c0115638_20220864.jpg
空いていたので、コース(直滑降なんだけどさ)を選んでは滑り降りる親子。一回り大きなソリが必要です。このサイズは一人乗り用として、もうしばらく活躍するけれどね。私も楽しかったソリ滑り。笑
c0115638_20223537.jpg
一生懸命ソリを引く姿が可愛らしいやら。可笑しいやら。
私と二人で滑り慣れた頃に「やっぱりすぴいどかんだよね!!!」といっぱしのことを言い出しました。まだ一人でソリの操作ができない(重心をずらせない)ので、スピードが出過ぎない位置を選んで、一人滑りにも挑戦。(正確には、挑戦させた)
c0115638_20230716.jpg
果敢にも滑り降りて、途中で転げ落ちたの図。
でも、何度転んでも泣くこともなく、最後に梅吉さんの口調をまねして「でんちがきれてうごけない」と言うまで何度もソリ滑りを繰り返していました。
親にとっても良い運動になりました。

カントリーブランで美味しいパンを買い、DOOMOでラーメンを食べて帰宅。
(どちらも写真なし)



by umezuke | 2014-01-25 20:43 | ちみーちゃん3歳日記 | Comments(0)
<< しゃかいじんになって いろいろ >>