ルリカケスの夜

 怒髪天のライブが札幌市内のライブハウス(ペニーレーン24)であるので、梅吉さんと遊びにでかけた。開場後、ライブが始まるのをホールで待っていたら、意外なヒトから声をかけられる。
 なんとなんとライジングサンで大人気のパフォーマーの祭太郎さん、その人だったのだ。
 常連さん扱いしてもらい新年早々気分を良くした私たち。本当に嬉しかったなぁ。

 ところで、怒髪天にとっての08年はバンドを結成して20年目の節目に当たる年らしい。
 今年で開催10年目を迎えるライジングサンに是非とも出演して欲しいものだと切に願う。

c0115638_2034591.jpg ライブで弾けた後は北24条にあるなじみの居酒屋「きんぴら」へ。
 折角遊びに行くので、日曜の夜でも遊んでくれそうな私の職場の先輩や元同僚に声をかけていたのだ。
 きんぴらの常連Sさんがこの日の為(?)にルリカケスを注文していたので、最初こそビールで乾杯したけれど早々にルリカケス呑み合戦の様相を帯びる。W氏こそビールを貫き通したけれど、私も含めみんな飲む飲む。みんながみんなイケルくちなので、結果的に一升瓶がほとんど空いてしまったそう。
 どうりでね。
 飲みすぎて死ぬかと思いました。

 ルリカケスはとても香りも良いし美味しいので機会があれば是非ご賞味ください。
 私たちのように5名で一升(私はまだ少ない、もくちゃんはビール党なので除外)飲むようなペースでなければ、大丈夫。←って何が?

 「きんぴら」のお料理、どれもこれも(たち酢、たちおでん風、マグロカルパッチョ、高菜チャーハン、前菜盛り合わせ、カマンベールチーズの味噌焼き、特注酢の物、ラーメンサラダetc)美味しかったのですが、飲みやらしゃべりに忙しく写真撮影はありませぬ。
 と、誰がどうみても飲みすぎだった日曜の夜のできごとでした。
by umezuke | 2008-01-20 20:25 | 日々 | Comments(0)
<< オモシロイ らー油いろいろ >>