<   2013年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ふーむ

c0115638_2022955.jpg
 梅吉さんの実家で読んだ北海道新聞の記事が面白かったので、紙面を持ち帰ってきていた。
 「世間」は退位論を持ち出すほどに、皇太子ご夫妻に対し、厳しい目を向けているのだろうか??だいたい顔の見えない「世間」が実生活において、何かの励ましになることってあるのだろうか??
 ないよねえ。
 私にはないように思える。


 (あまりにも興味深い記事で、自分の感想をまとめるところまで、整理がすすまない)

平成25年6月7日付北海道新聞
by umezuke | 2013-06-09 20:02 | 社会 | Comments(6)

あそぶ!

c0115638_530547.jpg
 今回の帰省中、とにもかくにも公園の遊具で思う存分遊びました。朝の公園では義母の職場の後輩ママさんの息子さん(4歳のナイスガイ君)と一緒に写真を撮影したりね。初ボーイフレンドか。笑(たまたま同じ時間帯に連続して遊びに来ていたR君。手足が長いハンサム君でした)
 GWにノーザンホースパークで克服するまで少し苦手気味だった滑り台ですが、今回の帰省で完全に克服した様子。帯広市内には遊具がたくさんある公園があるので、この夏はたくさん連れ歩くことになりそうです。

More
by umezuke | 2013-06-08 23:00 | 2013初夏帰省 | Comments(0)

いろとりどり

c0115638_5233630.jpg
 梅吉さんの実家では、義母がコツコツ集めた花木が見頃を迎えていました。見慣れた花でも名前をしらない私をどうぞ責めないでやってください。笑

More
by umezuke | 2013-06-08 22:00 | 2013初夏帰省 | Comments(0)

まずは

c0115638_5122068.jpg
 仕事はてんこ盛りなんだけど、金曜日は休暇を取って、梅吉さんの実家に出かけてきました。GWに娘の顔を見せることができなかったので・・・。この週、保育園では胃腸炎が流行していたので、直前までドキドキでした。
 でも、ちみーちゃん、胃腸炎には感染せず!
 でも、便秘になり! (久しぶりに頑固な便秘ちゃんでした)

 せっかく道央圏まで出かけるので、初日は札幌まで足を伸ばしました。
 今年のYOSAKOIは天気に恵まれましたね。珍しい。笑

More
by umezuke | 2013-06-07 23:00 | 2013初夏帰省 | Comments(0)

JOIN ALIVE 2013

c0115638_4575786.jpg
 先日の音楽話に続き、ライブのことなど・・・。

 RISING SUN は石狩湾新港という立地場所が遠方で不便なうえ、1日あたりの気温変化が大きいこと、会場が広大で移動に体力を要することなんかが、幼い子どもを連れて参戦するのに二の足を踏むんでしまう。その点、いわみざわ公園〈野外音楽堂キタオン&北海道グリーンランド遊園地〉で開催する JOIN ALIVE なら、幼い子ども連れでもライブ以外に楽しめる場所があるのがいい。

 ・・・ということで、今年はライブにでかけちゃうかも。うふふ。

 JOIN ALIVE 2013 (http://www.joinalive.jp/2013/)
 JOIN ALIVE 2013〔出演アーティスト〕(http://www.joinalive.jp/2013/line-up/

 職場の同僚がJOIN ALIVEに PERSONZ が出るから気になってるんだと教えてくれた。
 うわーっ!なんだかとっても懐かしい。懐かしすぎるーっ!!!
 何を歌ってくれるんだろうね。

 ねっ!カッコゆ君!www
by umezuke | 2013-06-07 04:59 | 音楽 | Comments(0)

THE YELLOW MONKEY のこと (250531現在)

c0115638_125487.jpg


 妙に早い時間に眠ったために夜中に目覚めてしまった・・・の巻
 7月31日リリース予定のベストアルバムの選曲はファン投票で決まるという・・・。
 心憎いぜ!!!旦那方!!!
 私、2回ほどイエモンのライブに出かけたことあります。
 しかも、渋谷スペイン坂でやっていたラジオ番組の公開放送の様子を見に行ったこともあります。

 しばらく彼らの曲を聴いていないので、ドライブ中に流してみようっと。

 ベストアルバムが発売されたらRISING SUNに参加しちゃったりして・・・と思ったけど、MISIAが決定だからないか。笑


 それにしても、5月31日現在のランキング。
 懐かしすぎる曲が多くて、悶絶しちゃうわ。

 オフィシャルホームページ
 THE YELLOW MONKEY(http://www.theyellowmonkey.com/

 ファン投票用ホームページ
 (http://columbia.jp/theyellowmonkey/vote/index.html

投票結果中間発表!(25/5/31付)
by umezuke | 2013-06-05 02:00 | 音楽 | Comments(2)

スパッと

c0115638_5693.jpg


More
by umezuke | 2013-06-03 05:30 | ちみーちゃん2歳日記 | Comments(4)

菜の花カフェ

c0115638_22155017.jpg
 職場の先輩から音更で菜の花開花の情報を得たので、以前記事にしていたいただきますカンパニー主催の菜の花カフェに出かけてきました。
 音更町にある佐藤農場さんの畑に到着した時刻がお昼前だったこともあり、我が家以外にも家族連れが多く立ち寄っていて、この企画の人気を感じた私たちでした。今回、畑カフェとして解放された菜の花畑は、1枚で4.5ヘクタール!!!さすが十勝、圧巻です。

 ちなみに十勝産菜種は秋まき品種です。(滝川あたりもそうだよねえ、たぶん)
 厳しい冬を乗り越えたからこそ、5月下旬~6月中旬に開花期を迎えられるんだよね。
 私も、つい最近知った菜種の栽培方法です。

 それにしても、十勝晴れの青空と黄色と緑の菜の花のコントラストは本当に美しくて、健やかで、畑にいるだけで気分がどんどんあがっていきました^^

More
by umezuke | 2013-06-01 23:00 | 日々 | Comments(2)

キャノーラ油

c0115638_22254673.jpg


 菜の花カフェに参加しようと思いつくまで、キャノーラ油のことについて、恥ずかしながら気にとめたことはなかった。しばらく自分で揚げ物を作っていなかったので、多量の油を生活で必要としなかったことも一因にあるかもしれない。

 キャノーラ油の主たる原料はWikipediaによりますと、キャノーラ品種と言われ、 「米では、遺伝子組換え技術を利用したラウンドアップレディー(グリホサート耐性)品種、リバティーリンク(グルホシネート耐性)品種が主力であり、カナダを中心に生産され、遺伝子組換え食品として、大量に日本に輸出されている。」そうです。(菜種油より)


 ↓ 承認されていない場合は、買い入れ入札から外れるけれど、
   承認されていれば、健康食品の位置付けも可能な遺伝子組換作物・・・ってね。

米国で未承認の遺伝子組み換え小麦、日本は入札から外す
by umezuke | 2013-06-01 22:37 | 社会 | Comments(0)

教育資金について考えてみたり

 先日読んだ「年収200万円からの貯金生活宣言」が面白かったので、↑ の本を借りて読んでみました。
 我が家の場合も例に漏れず漠然と教育費用を用意しなければなあ・・・と思っていた(特に私が)ので、色々と気づくことができて、参考になりました。1年後くらいに、また借りてきて読んでみようかな・・・。たぶん、意識に留まる部分が変化しそう。
 子どものために家を買ったり、予算を切り詰めたりし過ぎることは、我が家の場合ないと思うんだけど、なんて言うのか、「子どもの将来のため」という漠然とした状態でお金を工面し、使わせる、親が使うことのデメリットを認識できたのは収穫。もちろん、お金はないよりもあったほうが絶対に良いので、借金以外の方法で何とか調達や工面をしたい。
 娘とお金の話ができる頃、我が家の家計状況がどうなっているのかはわからないけれど、家計規模と娘に支出する金銭規模との見合いができる家庭&家計状態でありたいもんです。

 どの章も面白く読めたんですけど、

◆親の犠牲が子どもの幸せではない P54~
◆金銭感覚のまっとうな子に育てるために P73~
◆「買う・買わない」のルールを明確に P81~
 この段落は特に面白かったので、引用したい。
 私は、もう少し我慢のレベルを下げてもいいと考えています。
 というのも、我慢をさせすぎて、「贅沢は絶対に許さない」という生活を送らせていると、子どもは我慢を覚えるよりも、逆にモノに執着してしまう可能性があるからです。
 もしくは、子ども時代の鬱屈の反動から、大人になって極端な浪費家になってしまったというケースも、実際に目にしました。
 ですから、やはり我慢のさせすぎは良くないのです。重要なのは、「全部買わない」ではなく「買う・買わない」のメリハリをつけることです。

 ・・・このメリハリをどうつけるか、そこが悩ましい。
◆「貯蓄困難期」は貯蓄できなくていい P157~
  我が家はどっぷり「貯蓄困難期」に突入。保育料金は3歳未満児だから高額だし、私も時短制度を活用しているので、本給がガッツリ減額されている。どーりで復帰してから、毎月カツカツな訳だ・・・。
◆雑誌の「節約名人」のマネはしない P171~
  できそうもないので、しようと思ったことはないけれど、読んでいて納得の章でした。笑
◆親のおこづかいは絶対カットしてはいけない! P182~
  我が家はお互いの給与を一つのお財布に収めて、家計全体を回しているので、自由裁量で使えるお金はおこづかいになります。で、その額をどれくらいにするのが良いのか・・・がなかなか悩ましいところ。原資は限れているしね。ランチ代、被服費、化粧品代等々は家計費でみちゃうのと、田舎暮らしで、交際費が激減(飲んでないから・・・笑)したので。でも、自由になるお金がないと、何のために働いているのかわからなくなっちゃうよねえ。
by umezuke | 2013-06-01 07:00 | 書籍 | Comments(13)