<   2015年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

初夏

c0115638_12445493.jpg
梅吉さん実家のお庭は花盛りだった。
私がプロヴァンサルキムラでランチを楽しんでいた土曜日はみんなでお庭で焼き肉なぞ。
とても楽しかったようだ。

c0115638_12471135.jpg
今回は一泊二日での滞在。
帰りに新札幌の味の大王で、カレーラーメンを食し帰宅。
近頃、ラーメン食べすぎかも008.gif
でも、好きだからなあ。笑

今回は新札幌でも、札幌でも全く買い物をしなかった。欲しいものは色々とあるんだけどね。


by umezuke | 2015-05-31 12:44 | Comments(0)

至福なりけり

c0115638_17322676.jpg
たまたま帰省のタイミングがあい札幌で、旭川勤務の先輩とのランチが実現🍴🍷


more
by umezuke | 2015-05-30 17:31 | Comments(0)

息ぬき

c0115638_05481279.jpg

by umezuke | 2015-05-28 05:47 | Comments(0)

週末のことなど

c0115638_05221261.jpg

by umezuke | 2015-05-27 05:22 | Comments(0)

農村公園ふたたび

c0115638_16560030.jpg

by umezuke | 2015-05-16 16:55 | 日々 | Comments(0)

ホロリと

c0115638_05381854.jpg
この土曜日にはいつもの美容室でキッズカットをしてもらい、その後、更別村のアスレチック公園(名称不明、役場前にある)デビュー。私の中で、十勝管内No. 1の公園になりました。
写真はまた今度。
(遊具が大きくてフレームに収まりそうにないし、Blog補正が大変そうで、写真を撮影しなかった)
翌日は、以前から娘が出掛けたがっていた動物園散策。すぐに遊具に向かってしまうので、今回からスタンプラリー風にして、ノルマを達成したら、遊具チケットを渡すようにした。チケットも限りあるので、遊びの組み合わせを本人に考えてもらう。笑



more
by umezuke | 2015-05-10 22:00 | 日々 | Comments(3)

GWのなかやすみ

c0115638_06121339.jpg
6日の夜に十勝に戻る予定だったので、予め7日に4月の休日出勤の振替を組んでいた。(去年の帰省が強硬的な日程だったため当時3歳だった娘には負担が大きかったので…)
当初予定では平日の休暇なので、のんびり公園遊びを予定していたのだけど、4月に発症した副鼻腔炎に改善の兆しがなく滲出性中耳炎の発症が心配なのもあり、急きょ、耳鼻咽喉科を受診したら、レントゲン撮影の結果、軽度の慢性副鼻腔炎の所見が見られた。聴力も1週間でかなりのレベルダウンをしていたので、病院にでかけたのは正解だった。受付後、薬局で薬を入手するまで2時間半を要しました。
受診待ちの空き時間。平日休暇ということもあり、ついつい金融機関等々をまとめて処理しようとしてしますから、付き合わされる娘にはたまったものではありません。笑

ランチは二人で麦音で。
この日は陽気もぽかぽかで娘の希望によりレジャーシートをお借りして、地べたでの食事。好物のパンとポテトを食べてご機嫌さんでした。

夕方、保育所の先生が家庭訪問。
色々と意見交換ができてよかったです。

結果的に普段と変わりのない慌しさだったという…。


by umezuke | 2015-05-07 22:00 | 日々 | Comments(0)

連休最終日のこと

c0115638_06532079.jpg
GW最終日は実家でのんびり。
私は宅配する荷物を片付けたりで慌ただしかったけれど、娘は祖父母と叔母にたっぷり可愛がってもらって嬉しそうでした。農家の家だけに広さだけは十分にあるので、ドタドタ走り回っても、そこはみんなが大目に見てくれています。春先のご馳走(毎日食べるとさすがに嫌になるけど)アスパラガス。娘、初めての収穫。
ジョンディアーの芝刈り機大好き。
レバーだのハンドルだのガチャガチャ動かして大変なのでもちろんキーは抜いています。何かの加減でレバーがあってしまったら、自走しかねないので。汗

4歳7か月の娘とのJR移動。聞き分けがよくなったこと、会話が成り立つようになったことで、ずいぶんとスムーズにできるようになりました。でも、2時間以上の移動にはまだまだDVDの力は必要ですけどね。



by umezuke | 2015-05-06 22:00 | 2015春帰省 | Comments(0)

連休3日目のこと

c0115638_07181958.jpg
今年も祖父母家族と私と娘とで登別温泉にでかけてきました。
帰省日程が4月中旬まで確定できなかったために予約が遅くなり、奇跡的に手配できたのが、「ゆもと登別」。記事をまとめているときに初めて知ったのだけど、グランビスタ系列だったのね。なるほど。
じゃらんで手配した時、手配可能だったプランにも限りがあり、大人4名子供1名というそこそこ大所帯だったので、広めの部屋を…ということで和モダンなお部屋プラン(もちろん夕食は部屋食で)を選択。これが当たりで、和室二部屋を一部屋に改装した広々設計。ローテーブルとローチェアを配しているから、足腰が弱くなりだした両親にとってはとても楽に滞在することができた。(写真は撮影しなかったので、じゃらんのフォトギャラリーをご覧くださいまし)
浴衣が作務衣なのも普段浴衣を着つけていない身にはありがたい。子供用作務衣もとても可愛らしい。カンフーの達人のように見えるしね。
食事も配膳がローテーブルに用意され、両親は食事がしやすそうだった。
そして、お食事はどれもが美味しく大人たちは完食のうえ娘が残したおかず(ご飯はさすがに無理)を食べたほど。量は十分すぎるくらいだったのだから、本当に美味しかったのです。
朝食は多少の混雑はあるけれど、和食メニューが豊富(逆に洋食メニューは少ないかも)なのがうれしい。父はバイキングは食べ過ぎちゃうのがなあ…といいつつもウマいウマいと食べていた。母と妹はデザートまでしっかり。珈琲が紙コップなのだけが残念。ここは陶器のカップが欲しかった。
寝具も良くて、ゆっくり身体を休めることができたのだけど、空調の調節がうまくできなかったために暑くて寝苦しかったのが残念。でも、お布団は離れがたいほど良かった。さすが丸八真綿!

温泉はシンプルながらも硫黄泉だけでなく食塩泉もあり、湯船も温度設定のことなる湯船が複数あり、露天風呂もなかなか。湯船の温度もぬるめからあつめまである。のぼせないように気を配りながら芯からしっかり温まる。登別温泉は何回でもしつこく入浴したくなるのだけど、身体が喜ぶんでしょうね~。

******
滝乃屋、第一滝本館、ゆもとと宿泊していますが、登別温泉、頑張ってると思う。
温泉街の景観作りを温泉街全体で作り上げて維持する努力をしたらもっともっと伸びると思う。何しろ、泉質は最高だし、地獄谷という自然があり、千歳空港から高速利用で1時間という立地の良さは道内の他の温泉地にはないものだもの。
個々の宿泊施設は競争しあいながらも、登別温泉ブランドを維持するためには協力しあう、そんな懐深いところが感じられると温泉街を散策しているときについついお買い物しちゃうと思うけどねえ。街角で足湯しながら、蒸かしたての熊まんじゅうを頬張るとかいいと思うんだけどな。(阿寒湖畔の方がお土産屋さんが魅力的だったし、入店しやすかった)
あと、閻魔堂。開帳時間になるとあれだけ人を呼び込むのだから、もうちょっと鑑賞しやすいように配慮が必要だし、目につく痛みは補修した方がいいと思う。旅行者は宿泊施設での入浴・食事をもちろん楽しみにしているけれど、滞在する土地も堪能したいはず(私はですがね)。だから、散策もしたいし、写真も撮りたいし、お土産屋さんを冷やかしたいし、かる~く土地の味を楽しんでみたい。そこに答える温泉街作りを目指して欲しいなあ、と思ったのでした。

by umezuke | 2015-05-05 22:00 | 2015春帰省 | Comments(0)