タグ:アート ( 18 ) タグの人気記事

平山郁夫展のメモ

c0115638_08021086.jpeg
北海道初公開となった「パルミラ遺跡を行く(朝)」「パルミラ遺跡を行く(夜)」
本当に素晴らしかった。
平山郁夫さんの青が本当に好きなのだけど、朝日のオレンジ色も温かみがある。でも、夜の青さは本物の満月の夜の明るさを感じられて、心奪われる何かがある。

購入した展示作品集の本に「パルミラ遺跡を行く」が収められていないので、メモを残す。
この絵は、古代ローマに滅ぼされたパルミラの遺跡を描いたもので、ラクダの隊列の女性達は、絶世の美女といわれたパルティアの女王に対し喪に服しているとのことだった。
パルミラ遺跡はシリア内戦で破壊が進み、後世の人類はかつての人類が残した文化をこれらの作品を通すことでしか知りえないのだろう。


また、平山郁夫さんのスケッチに対する姿勢を音声ガイドで説明を受けた時に心に残るものがあったので、メモ。
「スケッチは、一言でいうと、絵を描こうというものにとって最も大事なことで、画家は日頃のスケッチで描写力を磨かなければ、いざという時に自分の思うような表現はできない。スケッチは感激を得たら、あとは一気に真正面から対象に向き合って、夢中で、あるがままを描写する。感激なしに生きた絵はかけない。絵を描く人にとってスケッチは必要不可欠な訓練であるばかりではなく、知識も技術も感覚も、、(続きメモなし。あれれ?)」

平山コレクションのガンダーラ美術品。
どれもが素晴らしく、知的好奇心を十分に満足させてくれた。弥勒菩薩交脚座像と菩薩半跏思惟像、あまりの美男ぶりに気絶しそうになりました。

ガンダーラ、、、。
夏目雅子さんの西遊記世代なので、ついついゴダイゴの曲が脳内で流れてしまう。

本当に出かけて良かった作品展でした💕



by umezuke | 2016-02-15 22:00 | 雑感 | Comments(0)

平山郁夫展

c0115638_12220435.jpeg
平山郁夫展が北海道立近代美術館で開催することが決まってから、すぐに旭川勤務の先輩に連絡を取ってみたら、ランチ込みでお付き合いしてもらえることになった。
ラッキー*\(^o^)/*
札幌勤務の子もお付き合いしてくれ、3人で、仕事忘れの会。笑

平山郁夫展は、想像よりずーっと私好みで、画集を買っちゃいました。まあ、これは、わたしの誕生日プレゼントだな。うん。

キムラを後にして、大丸に移動し、チョコをお買い上げ。

旭川の先輩とは、ミアアンジェラで、前菜を軽くつまみながら、ワイン片手にお喋り。
また、月曜日から働けるかしらん。。。






by umezuke | 2016-02-13 22:00 | 日々 | Comments(0)

シュタイフ ネイチャーワールド

c0115638_2171859.jpg


 先日の記事(コチラ→)でも触れた新千歳空港内にあるシュタイフネイチャーワールド。
 大人の入園料は600円、中高生は400円、小学生以下は300円、3歳未満は無料となっています。
 ちみーちゃんが好きに動き回るのを制止(笑)しながらの写真撮影(不可の場所もある)だったので、断片の羅列のようになってしまいましたが、少しでも雰囲気が伝われば嬉しいです。

 シュタイフ オフィシャルサイト
 http://www.steiff.co.jp/

 シュタイフ ネイチャーワールド
 http://www.shinchitose-entame.jp/ja/steiff/

 ネイチャーワールドの施設案内にあるファンハウスの映像と実際のファンハウス(キッズスペース)の雰囲気は違うように思いますが、のぞき窓からチェックして空いているようなら入園料を支払って、子どもを遊ばせるのはオススメのポイントです。ドラえもんが混みすぎなんだよね。


 

More
by umezuke | 2012-03-21 21:30 | 2012春帰省 | Comments(2)

ぶらりとドライブ

c0115638_21343133.jpg

 1ヶ月近く休んでしまいましたが、私の拙いblogをのぞきに来て下さった皆さん、ありがとうございました。twitterとかでは遊べたんですが、どうにもblogを更新する時間がありませんでした。

 ところで、十勝も紅葉が進み、秋がぐんと深まってきました。
 秋が深まったと思ったとたんに「ゆき虫」が飛び回っていることに気づき、「もう冬かよ~」と思ったしだいです。今月末には落ち葉だらけになるのかなぁ。。。(ビートの堀取りもはじまりました)

 今週は日が差すことが多い空模様だったので、ちみーちゃんと散策することが多かったかな。今日は、中札内美術村まで足を伸ばしてきました。美術館や売店を冷やかしたり、林の中を歩き回っていると1時間なんてあっと云う間に経過してしまいます。

More
by umezuke | 2011-10-14 20:00 | 日々 | Comments(0)

六花の森

c0115638_4583934.jpg


 久しぶりに青空が広がったので、朝から大いに張り切って掃除や洗濯に励む。
 物干し竿いっぱいに洗濯物を干すと気分がすっきりしますね。


 午後を少し回ってから、ちみーちゃんと中札内村にある六花の森までドライブをしてきました。
 六花亭の工場に併設されているこのガーデンは、北海道ガーデン街道六花の森)に登録されている施設の一つで、六花亭のお菓子の包装紙をデザインしたことでよく知られている坂本直行さんの記念館等が設置されています。入場料は大人500円、小中学生が300円。記念館の閲覧や休憩室でのドリンクはフリーとなっています。


 ところで、十勝に住むようになってから、大いに見直したもの。
 それは「六花亭」のお菓子です。
 これまでは何となくお土産(贈答?)用のお菓子・・・というお付き合いでしたが、本場十勝で暮らしてみると、お値段がリーズナブルだし、手に入れやすい(ホントにどこにでもあるw)し、梅吉さんが「大平原」が大好物なのものあり、よく口にするようになりました。

 そうなると、包装紙のデザインを手がけた坂本直行さんのことにも興味が芽生えてきます。
 webで人となりをまとめた情報を探したところ、高知県立坂本龍馬記念館で行われた特別展のリーフレットがよくまとめているようです。
 「おかえり!直行さん」
 http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~ryoma/naoyukiten-naoyuki.htm

 六花の森にある記念館には包装紙にデザインされた十勝六花の原画(たぶん)が展示されています。
 十勝六花とは、
     「オオバナノエンレイソウ」 「シラネアオイ」 「エゾリンドウ」
     「ハマナス」 「カタクリ」 「エゾリュウキンカ」           ・・・のことです。
 記念館内には、日高連峰を題材にした油彩が数点展示されていますが、十勝に住み慣れてきたからか、どの絵からもグッとくるものを感じます。特に「日高連峰の朝焼け」と名付けられた絵が一番気に入りました。

 

More
by umezuke | 2011-09-14 21:00 | 日々 | Comments(0)

お散歩

c0115638_16419.jpg


オオバナエンレイソウは
by umezuke | 2011-05-31 16:06 | 日々 | Comments(0)

坂口國男の世界

c0115638_14191298.jpg
 チみーちゃんと二人で中札内村文化創造センターに出かけてみたら、坂口國男さんの絵画展がフリースペースで開催されていたので、二人で鑑賞してきました。
 (もともとは道の駅に向かったのですが、日差しが強かったので紫外線が気になり、ブヨも増えてきているので虫さされが気になり(笑)、インドアの図書館に外出先を変更。中札内村は十勝総合振興局内で特に好きな自治体なので、ついつい、足が向いてしまいます。)

  「何故か、若い頃から赤が好きでいまでも赤い絵を無性に描きたくなる。
  赤、黄色、紫、緑…、私は絵の具箱をひっくり返したような絵を描きたい。
  たくさんの色を使って。」

 と、ご本人が仰るとおりの鮮やかな色彩と筆遣いから坂口國男さんのエネルギーを感じるような作品群。偶然立ち寄った絵画展でしたが、心がワクワクする一時を過ごすことができました。
 ちみーちゃんは何か感じたかしらねぇ~。


 北海道新聞イベント情報 「坂口國男の世界」
 http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/eventdata/129212.php



 日本美術倶楽部 「坂口國男 アートギャラリー」
 http://www.nihonbijutsu-club.com/sakaguchi/?page=profile&PHPSESSID=995e49c50289df40d230f347cb24afe8


 イベント告知用リーフレット(PDF) 「坂口國男の世界」
 http://www.kawagoe.com/imozen/pdf/koyuokan10_0820-1011.pdf#search=%27%E5%9D%82%E5%8F%A3%E5%9C%8B%E7%94%B7%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%27
※2010年8月20日(金)〜10月11日(祝)に埼玉県川越市の「アートギャラリー 呼友館」にて開催された同絵画展のPDFファイルがweb上にあったので、拝借いたしました。
 「VIEUX PORT de MARSEILLE 4号 1971」が「海 60号 1979」に、「林と小さな池 20号 1998」が「画室風景 100号 1996」となりましたが、中札内村文化創造センターで用意されたものと同じ構成になっています。
by umezuke | 2011-05-27 14:19 | 日々 | Comments(0)

着てみたい北のTシャツ・デザイン展2010

c0115638_832442.jpg
 今日から梅吉さんも夏休み。遠出はリスキーなので、郊外へのドライブを中心にちょこちょこ遊びにでかけることにしました。(例年であれば、RISING SUN ROCK FESTIVALに参加)
 前日のTVニュースで今年のTシャツデザイン展の審査が終えたことを知っていたので、中札内村方面に出かけることにしたのでした。

 ◆着てみたい北のTシャツ・デザイン展2010

このイベントは
by umezuke | 2010-08-05 08:33 | 日々 | Comments(0)

芸術の春?それとも…

c0115638_204856.jpg

写真のみup(記事は後ほど)

More
by umezuke | 2010-05-04 20:02 | 日々 | Comments(0)

アルテピアッツァ美唄、再び

c0115638_15321830.jpg GW()に初めて出かけてからすっかりお気に入りの場所になった「アルテピアッツァ美唄」。
 この土曜日は前日までの雨で綺麗に洗い上がった青空が広がっていて、とびきりのドライブ日和。
 秋も深まってきているし、色づいた森に安田侃(やすだかん)氏の作品がどう映えるのか楽しみにしながら出かけたところ、予想どおり素晴らしい調和を見せていました。

 それにしても、アルテピアッツァ美唄に来ると、どうしてもドラクエのテーマを口ずさむ私。
 生い茂る熊笹の中や、「こんなところに!?」という場所に、作品を発見したときのワクワク感がどうしてもドラクエのアイテム探しを思わせるのです。

 今回、初めて気づいた作品も何個かありました。
 次回の訪れは雪が降り積もってからになるのかな…。

続きは…
by umezuke | 2009-10-24 22:33 | 日々 | Comments(2)