タグ:温泉 ( 17 ) タグの人気記事

阿寒湖温泉 鶴雅WINGS

c0115638_00502524.jpg
今年一年間の頑張りへのねぎらい


by umezuke | 2016-12-23 22:00 | 旅行 | Comments(0)

登別温泉♨️ゆもと登別

c0115638_07371901.jpeg

by umezuke | 2016-04-29 23:00 | 旅行 | Comments(0)

のんびり

c0115638_08232817.jpeg
4日から仕事再開、保育所登園開始。
呑んで食べてが続いた年末からお正月が明けてぇ〜のお仕事はシンドかった。
だから、三連休初日の午前中はダラダラと過ごし、お昼からアルコ温泉まで足を伸ばして初温泉。いやぁ、芯から温まりました。

温泉、最高!

ランチは併設のレストランにて。
大好物のユリ根定食をビール片手に頂くシアワセよ。

by umezuke | 2016-01-09 22:00 | 日々 | Comments(2)

シャトレーゼガトーキングダム

c0115638_06593124.jpg


More
by umezuke | 2015-07-22 23:00 | Comments(0)

連休3日目のこと

c0115638_07181958.jpg
今年も祖父母家族と私と娘とで登別温泉にでかけてきました。
帰省日程が4月中旬まで確定できなかったために予約が遅くなり、奇跡的に手配できたのが、「ゆもと登別」。記事をまとめているときに初めて知ったのだけど、グランビスタ系列だったのね。なるほど。
じゃらんで手配した時、手配可能だったプランにも限りがあり、大人4名子供1名というそこそこ大所帯だったので、広めの部屋を…ということで和モダンなお部屋プラン(もちろん夕食は部屋食で)を選択。これが当たりで、和室二部屋を一部屋に改装した広々設計。ローテーブルとローチェアを配しているから、足腰が弱くなりだした両親にとってはとても楽に滞在することができた。(写真は撮影しなかったので、じゃらんのフォトギャラリーをご覧くださいまし)
浴衣が作務衣なのも普段浴衣を着つけていない身にはありがたい。子供用作務衣もとても可愛らしい。カンフーの達人のように見えるしね。
食事も配膳がローテーブルに用意され、両親は食事がしやすそうだった。
そして、お食事はどれもが美味しく大人たちは完食のうえ娘が残したおかず(ご飯はさすがに無理)を食べたほど。量は十分すぎるくらいだったのだから、本当に美味しかったのです。
朝食は多少の混雑はあるけれど、和食メニューが豊富(逆に洋食メニューは少ないかも)なのがうれしい。父はバイキングは食べ過ぎちゃうのがなあ…といいつつもウマいウマいと食べていた。母と妹はデザートまでしっかり。珈琲が紙コップなのだけが残念。ここは陶器のカップが欲しかった。
寝具も良くて、ゆっくり身体を休めることができたのだけど、空調の調節がうまくできなかったために暑くて寝苦しかったのが残念。でも、お布団は離れがたいほど良かった。さすが丸八真綿!

温泉はシンプルながらも硫黄泉だけでなく食塩泉もあり、湯船も温度設定のことなる湯船が複数あり、露天風呂もなかなか。湯船の温度もぬるめからあつめまである。のぼせないように気を配りながら芯からしっかり温まる。登別温泉は何回でもしつこく入浴したくなるのだけど、身体が喜ぶんでしょうね~。

******
滝乃屋、第一滝本館、ゆもとと宿泊していますが、登別温泉、頑張ってると思う。
温泉街の景観作りを温泉街全体で作り上げて維持する努力をしたらもっともっと伸びると思う。何しろ、泉質は最高だし、地獄谷という自然があり、千歳空港から高速利用で1時間という立地の良さは道内の他の温泉地にはないものだもの。
個々の宿泊施設は競争しあいながらも、登別温泉ブランドを維持するためには協力しあう、そんな懐深いところが感じられると温泉街を散策しているときについついお買い物しちゃうと思うけどねえ。街角で足湯しながら、蒸かしたての熊まんじゅうを頬張るとかいいと思うんだけどな。(阿寒湖畔の方がお土産屋さんが魅力的だったし、入店しやすかった)
あと、閻魔堂。開帳時間になるとあれだけ人を呼び込むのだから、もうちょっと鑑賞しやすいように配慮が必要だし、目につく痛みは補修した方がいいと思う。旅行者は宿泊施設での入浴・食事をもちろん楽しみにしているけれど、滞在する土地も堪能したいはず(私はですがね)。だから、散策もしたいし、写真も撮りたいし、お土産屋さんを冷やかしたいし、かる~く土地の味を楽しんでみたい。そこに答える温泉街作りを目指して欲しいなあ、と思ったのでした。

by umezuke | 2015-05-05 22:00 | 2015春帰省 | Comments(0)

ビーンズ邸でひとやすみ

c0115638_21094675.jpg

連休中日のんびりとそして、まったりとしたいと思い幕別町忠類にあるナウマン温泉ホテルアルコ236までドライブし、日帰り温泉を楽しんできました。

More
by umezuke | 2014-11-23 21:00 | 日々 | Comments(2)

あかん湖鶴雅WINGS

c0115638_01242718.jpg
三連休前の金曜日でしたが計画年休を取得して阿寒湖畔にあるあかん湖鶴雅WINGS(以下、WINGS)に宿泊してきました。前日に札幌日帰り出張をしたばかりだったので、疲労はないではなかったけれど、思い切っての4連休。しっかりと楽しんできました。

More
by umezuke | 2014-11-21 22:00 | 2014阿寒湖 | Comments(0)

再会

c0115638_05564180.jpg

高校時代の部活仲間が都内から帰省することになり、久しぶりの再会を登別温泉第一滝本で果たした。
(私の手配が遅くてカルルス温泉オロフレ荘@じゃらん北海道人気ランキング上位宿とか手配できなかったのが残念だった)

私は娘連れ、もう一人の仲間も子ども連れだっので、とても賑やかな一行になりました。
でも、いとこも姉妹もいないちみーちゃんには堪らなく楽しい時間を過ごせたようです。

滝本は本館泊、夕食はバイキングで朝食は食事処で和定食を頂くプランを利用。評判通り、新しい本館はフロントや食事する場所、大浴場への移動が短く分かり易いので、良かった。
お食事も様々な味が楽しめて美味しかった。
(お味が濃い目なのは仕様がないでしょう)
で、温泉。
GWに泊まった清水屋さんの方が泉質が上だと思ったけれど、そこはやはり登別温泉。
露天風呂に内風呂、泉質も種類豊富で申し分なし。団体ツアー参加の方が多い割りにはのんびりと夜のお風呂は楽しめました。
(朝風呂を5時前から利用した友人はあまりの混雑振りに驚いたらしい。笑)

子供達によるアッピールタイムが長く大人トークを楽しめなかったのも残念だったけれど、反面、しっかりと気分転換ができたのだから、上出来かな。



More
by umezuke | 2014-09-21 23:00 | 2014秋帰省 | Comments(0)

あんなところこんなところ

c0115638_14415463.jpg
前回の更新から間があいてしまいました。
こんなはずでは・・・。
まずは、3連休からこの土曜日までのことを大雑把にlogしてみましょうか。
(ついこの間お正月を迎えたばかりだと思っていたのに、すでにセンター試験が始まっているのだから、時間の過ぎるスピードの速さに驚いてしまう)


More
by umezuke | 2014-01-18 22:00 | 日々 | Comments(0)

十勝川温泉 観月苑

c0115638_2024156.jpg


 9月第1週目に私の両親と妹が十勝に遊びに来たので、一緒に十勝川温泉「観月苑」に宿泊。(ミシュラン北海道に掲載されたという「三余庵」とかは気軽に出せる宿泊費ではないので・・・)
 宿泊先を決めるのにあたり、十勝川温泉にある老舗旅館も候補に入れていたのだけど、職場での評判があまりに悪かった(レベルが下がったのかな?)ので、妊娠中にも訪れたことのある「観月苑」の宿泊を手配したのだった。

 今回、両親達が十勝入りの目的はちみーちゃん2歳のお祝いです。

 実際の誕生日よりも時期が早いけれど、実家の農作業の手がすくのがこの時だけだったので仕様がないんだよね。でも、両親が滞在している期間のお天気がとても良くて、良い時期に遊びに来てもらったと思っています。

More
by umezuke | 2012-09-16 21:30 | 旅行 | Comments(0)