音楽会

c0115638_20413952.jpg 今回の札幌旅行の目玉企画がこちら(←写真参考・・・にならないですね)。ちみーちゃんと梅吉さんをホテルに残し、私は妹と二人でニトリ文化ホールで開催された美輪明宏さんのコンサートに出かけてきました。
 4月に放映されたソロモン流@テレビ東京系で、美輪明宏さんが取り組んでいた舞台「椿姫」を取材していたのだけど、その番組を見て、御年77歳という年齢を感じさせない三輪様にも何が起こるかわからない年齢だと思った私は、今回の札幌公演には出かけたいと強く思ったところ、梅吉さんが快く「行ってきなよ」と言ってくれたので、今回の札幌旅行の時期が決定したのでした。





 私の好きな「朧月夜」で始まったコンサート。

 TVなどでおなじみの美輪明宏節が織り込まれた笑いがあり、歌に涙する・・・という美輪明宏さんの世界美につつまれた2時間半のコンサートでした。2部構成で、1部は歌謡(・・・と言えばいいのか???)、2部はシャンソンを中心に曲が組み立てられていました。どの歌も、ご本人曰くドラマ、一観客の私からみると、1曲1曲が歌という台詞を多彩に織り込んだ一人芝居のようで、普段から演じ手(女優???俳優???)として舞台を主催し主演しているだけあり、とても見応えがありました。
 私の席は、2階席の後ろから2列目だったこともあり、視力の落ちている私には美輪明宏さんの姿がぼんやりと確認できる状態でしたが、スポットライトに輝く美輪明宏さんが身につけたジュエリーのキラキラとした輝きは認識できました。そして、三輪さんのデコルテラインの美しさに隣に座る妹と驚嘆のため息。

 そして、男性らしいのびのあるつややかな低音の歌声、声量に感動。

 年齢をまーーーーったく感じない素晴らしい歌声でした。

 私の心にとまった曲は次のとおり。
 熱心なファンであれば、すべての曲が頭に残ったんでしょうが、ビギナーな私にはこれが精一杯。笑

 朧月夜
 哀しみの中から
 ヨイトマケの唄
 愛する権利
 老女優は去りゆく
 花

 もっと色々と心を打った曲があったんだけど、タイトルを覚えている曲が少なすぎる・・・。


 そうそう。
 客層について。
 老若男女・・・の一言につきました。
 女性陣は何となく想像がつくにしても、男性ファンの幅広さにかなーーーーり驚いた私と妹でした。

 
by umezuke | 2012-08-01 20:41 | 2012夏休み | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://taropon3.exblog.jp/tb/18295123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miyuki at 2012-08-02 00:54 x
おお~。行かれましたか。私も、もう何年前になるのか、美輪様のためにレッドカーペットを敷き詰めたというパルコ劇場(だったかな)で鑑賞したことがありました。ほ~。今でも美輪様の神神しさ、思い出してもため息がでます。(そして、そこで、手の届く位置に、憧れもミッチーがいたことも(笑))
にしても、今の状況で、そうした機会があるのは素晴らしいですね☆今は、なかなか、そこまでのモノに出会えない私です。
Commented by cafemaman at 2012-08-02 08:18
美輪さん、77歳なんですね~!
姉と母が観たことがあって、やはり、その存在感たるや、、としばらく余韻に浸っていました。大きな人じゃないのに、オーラがすごいと。

彼は、男性のファンもすごーく多いようですね~。
どこか「母」というか、マリア様のようなところがあるから??

そうそう>miyukiちゃん。ミッチーと美輪さんって、(変な意味ではなくて)とっても深い関係みたいだよね♪
美男子同士、美しい~!!
Commented by umezuke at 2012-08-02 21:38
◆miyukiさん
 ええ。行って参りました。
 思いつきでチケットを取っただけに予習も何もしていなくて、でも、ワクワクしながら鑑賞してきました。
 やたらに野太い声で「ブラボー!!!」と叫んでいらっしゃったファンの方の存在にもビックリした私と妹です。
 それよりも、手に届く位置にミッチーがいたなんて、ドキドキしちゃいますよね。私も彼が王子だった頃にコンサートに出かけてみたかったけど、縁がなかったんですよねえ。(遠い目。笑)
 来年は夏フェス@北海道(旧三井)グリーンランドにちみーちゃん連れで参加する気満々の母親。笑
 爆音で耳を痛めないように気をつけないとね。
Commented by umezuke at 2012-08-02 21:44
◆mamanちゃん
 そうなのよ。
 全く年齢を感じさせないステージでした。
 オーラもさることながら、ロングドレスの裾捌きの素晴らしさに目を奪われた私。身のこなし、所作の美しさ。足下に及ぶことはとうていないけれど、所作について意識したいと思いました。

>どこか「母」というか、マリア様のようなところがあるから??
 ああ、なるほどね。
 ご本人も菩薩的なところを意識なさっていそうだから、より強きな包容力を感じるのかもしれないですね。

 ミッチーも三輪様も独自の世界美を確立させているのだから、理解し合える関係なのかもね。むふっ。
<< みうち向け十勝情報 11111 >>